fc2ブログ

言葉より大切なこと 4

「翼お兄ちゃんの?」

司は匡の隣に座った。

「あぁ、俺もつくしも働いている。他の家庭よりも親と過ごす時間が少ないからとつくしが邸の使用人に頼んで、お前たちの日常をビデオで撮ってつくしに渡してる。
それはつくしが使用人にお願いしたことだ。
アイツはどんな時だって常にお前たちのことを考えている。」

匡は流れる映像を見ていた。

「5歳の翼はWBCをテレビで見て野球に興味を持った。
英徳学園には少年野球チームがない。
俺がSPや社員に声掛けをして野球チームを作った。
大人の中で翼は一人だったがあいつは野球が出来る嬉しさで、敵わねぇ相手でも頑張って勝負した。
社員やSPは翼が打てるように投げるんだ。
だが、俺とつくしはあえて打てないボールを投げるように言った。
なんでかわかるか?」

「・・・わかんない。」

「お前もこの家に産まれた宿命がある。
道明寺に産まれたことで、絶対に負けると思う勝負でも道明寺と言う名前で勝つことがある。
だが、それは本当の意味で勝ったとは言わない。
自分の力が強いわけじゃない。
道明寺と言う名前が強いから勝ったんだ。
だから俺は道明寺の子供だからって手加減するなと命令した。
翼の為にな。」

「ん~・・・難しいよ。」

「だろうな、俺もお前の年で理解はしていない。俺は18歳で本当の意味で理解した。」

「いっぱい大きくならないと理解できないの?」

「あぁ、だから今は話だけ聞け。」

「うん。」

「翼はお兄ちゃんとしては優しいが、負けず嫌いだ。つくしと俺の子供だからな。
打てなくて悔しかった翼は、諦めず陰で努力した。それがこの映像だ。」

「そうなんだ。」

「最初から出来たわけじゃない。努力した結果だ。
環も5歳でテニスを始めたのは 可愛いユニホームが着たいからって理由だったが、それだけじゃ今まで続かない。
やっていて楽しいと思ったから今も続けられている。
テニスが上手い坂上に勝ちたいと思い、邸のサロンの部屋に行くふりをしてタマと使用人の佐原と西側の部屋で練習している。
環は絶対に努力をしていることを人に見せない。それが環だ。」

「そうなんだ、ずっとあの変な服着たいからだと思ってた。ユニホームいっぱい持ってるもんね。」

「あぁ、フリフリのどこがいいのかわかんねぇな。お父さんはパンツが見えそうで気が気じゃねぇ。」

「僕、環お姉ちゃんのパンツ見ても嬉しくないよ。」

「そう言う問題じゃねぇ。」

「ふーん。」

匡は翼の写る画像を黙ってみた。

司は立ち上がり、書斎に飾られた一つの盾を匡に見せる。

「これは健が今年の初めにバイオリンのコンクールで優勝した時の盾だ。」

「あっその後美味しいもの食べたもんね。」

「あぁ、運動をあまりしない健はバイオリンは誰よりもうまい。そしてこうやって結果を残した。
これは道明寺の名前をで優勝したんじゃないぞ。」

「そうなの?」

「あぁつくしの昔の名前を使って牧野健として出て賞をとった。健の実力だ。」

「健お兄ちゃん凄いね。」

「あぁ俺も音楽はダメだ。だが、健は習い始めてから真剣に取り組み努力して今がある。
自分の部屋に飾らず俺に誕生日プレゼントだとこの盾をよこした。」

「なんで?」

「つくしのマネして、俺にお金じゃ買えないものをプレゼントしたかったらしい。」

「ふーん。」

盾を元の場所に置き、司は再び匡のとなりに座った。

「匡、家族の中で誰が一番強いと思う。」

「お母さん」

「フッ確かにつくしは強いな。だが違うな。」

「じゃあ、誰?」

「匡お前だ。そして一番弱いのも匡だ。」

「僕が一番強くて一番弱いの?」

匡は驚いた顔で司を見た。




下記画像クリックで応援よろしくお願いします。


にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほん
ブログ村




関連記事
スポンサーサイト



コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2015-02-13 19:54
  • #
  • Edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2015-02-13 21:05
  • #
  • Edit

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

お知らせ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

うさぎ

Author:うさぎ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

カテゴリ

はじめに&パスワードについて (2)
★★離れていても★★≪完≫ (111)
桜子の小包 ≪完≫ (1)
類からのメール≪完≫ (1)
総二郎からのメール≪完≫ (1)
月明かりの下で≪完≫ (4)
隣に立てば婚約者≪完≫ (1)
うさぎ × うさぎ≪完≫ (25)
再会とラオウ≪完≫ (4)
イブの日は・・・≪完≫ (7)
彼氏の姉はハリケーン  ミラノでハリケーン≪完≫ (3)
彼氏の姉はハリケーン  ハリケーン日本上陸≪完≫ (5)
約束の20歳の誕生日≪完≫ (4)
タイムリミットは19時間≪完≫ (4)
彼氏の姉はハリケーン  成人式でハリケーン≪完≫ (1)
女王蜂と働き蜂 始まりは・・・≪完≫ (6)
女王蜂と働き蜂 働き蜂の悩み≪完≫ (2)
あれから 3年 ≪完≫ (7)
女王蜂と働き蜂 ミシュランよりも厳しい査察≪完≫ (2)
女王蜂と働き蜂 1通の手紙≪完≫ (5)
F4それぞれの卒業式 司編 ≪完≫ (8)
悲しみの雨・温もりの雪 SS (1)
女王蜂と働き蜂 幸運の女神≪完≫ (12)
女王蜂と働き蜂 パーティーは別人≪完≫ (1)
密かな憧れ SS (1)
F4 それぞれの卒業式 花沢類≪完≫ (3)
F4 それぞれの卒業式 美作あきら 西門総二郎≪完≫ (2)
★★主が戻った邸★★ (80)
帰国≪完≫ (10)
倉田の結婚式≪完≫ (2)
可愛い彼氏 SS (1)
愛してる SS (1)
総二郎の失態≪完≫ (5)
俺の周りの変な奴 SS (1)
花言葉≪完≫ (4)
ほっとけない友人 SS (1)
二人の夢が叶うとき≪完≫ (3)
秘書牧野つくし≪完≫ (3)
想いを込めて≪完≫ (1)
嫉妬の代償≪完≫ (10)
類の23歳の誕生日≪完≫ (1)
新人歓迎会にご注意を≪完≫ (5)
ママとお母様≪完≫ (2)
Happiness (30)
狙われた道明寺夫人 (0)
喜びの朝 (0)
つくしの誕生日 (0)
道明寺100周年 (0)
黒瞳の天使 (0)
雨の記憶と雨の記憶 (0)
★★家族★★ (47)
父になる。母になる。≪完≫ (4)
父親は俺一人で十分だ≪完≫ (4)
女帝 道明寺国 (0)
ありんこ連合 (0)
もう一人の姉 (0)
やっと戻った邸 (0)
小さい手 SS (1)
初めての・・・ (0)
幸せの瞬間 (0)
サンタクロースは… (0)
誕生日プレゼントは… (0)
うさぎの真実 (0)
姉と弟、義兄と弟 (4)
何人分? (0)
続 小さい手 ~翼~≪完≫ (3)
娘 ~環~≪完≫ (7)
微笑み SS ~健~ (1)
続 微笑み ~健~ ≪完≫ (5)
言葉より大切なこと ~匡~ ≪完≫ (8)
俺の一番大事な奴≪完≫ (8)
本編とは無関係作品 (72)
俺様サンタ SS ≪完≫ (1)
企画:読者様と作る花男二次 ≪完≫ (20)
君の笑顔に・・・ (4)
妻が微笑むまで・・・ 長編 (43)
続 妻が微笑むまで・・・ (4)
世界で一番愛してる SS (0)
宣言通り SS (0)
××× (0)
コラボ (11)
「星降る夜に奇跡をひとつ」 ≪完≫ (5)
時を超えて ≪完≫ (4)
SHORT STORY (23)
お蔵入り作品 (5)
不定期連載中 (7)
もう一度・・・ (6)
未分類 (4)

参加同盟&花男二次リンク


参加同盟


委員長様

みやとも様

ririko様

向日葵様

こ茶子様

ひー様

丸々猫様

みずた あると様

ブランシュ様

レイン棒クラブ 様
833011_1423818255.jpg
ランキング参加中
1120120602_bbf947.jpg
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ

リンク

このブログをリンクに追加する