fc2ブログ

愛してる 『拍手御礼小話』

1.jpg


『拍手御礼小話』

~ 愛してる ~




牧野がベランダに出て行ったきり戻ってこない。
「牧野?」                  
返事がない。                 
ゆっくりと立ち上がってベランダに向かう。             
「?」                    
牧野は本を片手にブツブツ言いながら手を動かしていた。                         
「何やってんだ?」
「うわっ びっくりしたっ。」
すげぇー驚く牧野。
近づいて持っている本をチラッと見たら初めての手話と書かれた本を持っていた
「なんか、恥ずかしくてここでやってた。」
へへへっっと笑う牧野。
勉強熱心で俺が休みの日でも、頭の片隅には仕事のことがある。
そして大学に行く牧野は俺より忙しい気がする。
「手話覚えて誰かと話すのか?」
「えっうん。昨日ね、メープルに耳の不自由な人が来て、筆談で話したんだけど。
なんかそれをしていたら、手話でも覚えてみようかと思ってさ。
大学の帰りに本屋に行って買っちゃった。」
「ふーん、中でやればいいだろ?」
「そうなんだけど、なんか恥ずかしかったから。」
「俺が見てやるよ。」
「えっいいよ。どうなるかわからないし。」
「客に快適なサービスを提供するホテルで手話を出来る人がいればいいなって思ったんだろ?」
「ううん。まぁそうなんだけどさ・・・・。」
「一緒にやれば案外早く覚えるかもしれねぇじゃん。」
「えっ道明寺も覚えてくれるの?」
「あぁ、俺やお前が、耳が遠くなって聞こえなくなってもお前と会話してぇしな。」
「クスッそれって老後の話?」
「おう、まぁお前の声ならずっと聞こえるだろうけどな。」
ポンポンと頭を触り、司はつくしを部屋に入れた。
ソファに座り、司が本を持つ。
「どれを覚えたんだ?」
「えっこんにちはとかまだ挨拶だけだよ。」
確かに挨拶の欄に付箋が貼ってあった。
「こんにちは。」
指をピースにして鼻の上に持っていき、その後両手で鍵みたいにしていた。
「ふーん。」
ページをめくるといいのを発見。
「牧野これも良く使うみたいだぞ?」
「なに?」
本を見られそうになったので閉じる。
「簡単なあいさつだ。俺が教えてやる。手の平を正面に向けて、小指だけ立たせる。」
「こう?」
小指を立てる牧野。
「おう。そのあと手で、アルファベットのLをつくる。」
「こう?」
俺の言う通りに従う牧野にニヤけそうになる。
「そうだ。で、最後の親指と小指だけ立たせる。」
「こう?」
「おう。今の続けてやってみろ。」
「ん?こう?」
意味の解る俺には嬉しい動作。
ニヤけそうになる必死で耐える。
「おう。だけどな、こうやれば、一度で伝わるあいさつだ。」
牧野に向けて親指、人差し指、小指を立てて見せた。
「お前もやってみろ。」
「ん?こう?」
「おう。もう一回。」
「こう?」
「おう、できるじゃん。さっきの動作の後にこの動作でやってみろ。完璧だぞ。」
「簡単だね。」
ゆっくり教えた動作を俺に見せる。
「こうかな?」
「おう。完璧。毎日俺の挨拶はこれでいいぞ?」
「なんで?ところでこれって何のあいさつ?」
牧野が本を取ろうとした。
「愛してるってあいさつ。」
「なっ////」
真っ赤になった牧野に笑いそうになる。
「お前も、口で言えなくても手話なら大丈夫だろ?」
「どっちも無理っ」
バコッ
手話の本を俺に投げる牧野
「いってー」
「もうあんたとは一緒にやらないっ」
ソファから立ち上がる牧野の腕を引っ張り一緒に倒れ込む。
「キャッ」
包み込むように牧野を抱きしめた。
「苦しい道明寺っ」
それでも抱きしめておく。
「なぁ。」
俺の声にビクンとする牧野。
「しないしない。やらないからねっ。」
まだ何も言ってねぇのに断りやがって。
「おう、じゃあ、別なことやろうぜ。」
「別なことって何よっ」
そっと腕を緩め、腕を拘束して牧野を俺に向けさせる。
「手話やらねぇなら、暇だろ?」
「ひっ暇じゃない。コップも洗わないといけないし、お風呂も沸かしてないし。」
首をぶんぶん振る牧野に笑いそうになりながら、牧野を見つめ、ゆっくりと顔を近づけた。
眼を閉じない牧野にイラッとして鼻を食べてやった。
「ちょっ何すんのよっ」
「ったく、可愛くねぇバカ女。」
「悪かったわね、バカ男。」

「「ぷっ」」

二人で笑って触れるだけのキスをした。

牧野がもし耳が聞こえなくなったら、俺が牧野の耳になる
牧野がもし目が見えなくなったら、俺が牧野の目になる
手や足がなくなったら俺が、牧野の手や足になる
もし牧野が何かを失ったら俺が失ったモノを補ってやる。
牧野は俺の失った心を埋めてくれたから。
怒りと嫌悪感しかなかった俺が、人を愛する喜び、片思いの諦め、想いが通じた驚き、そして牧野を失う恐怖を感じた。
恋しい気持ちと愛おしい気持ち
牧野と出会って知った感情は牧野と共にこれからも俺の心を潤す。

牧野が愛してるって言わなくても、俺が何度でも囁く

手話で表す 文字
I L Y 

I LOVE YOU の頭文字

俺が世界でたった一人にしか言わない言葉

『愛してる』

俺が優しく触れるだけのキスをして牧野を見つめれば、牧野の瞳が俺に愛してるって言っていた。
目は口程に物を言う。
言葉で言わなくても、手話で表現しなくても牧野の瞳はいつだって俺に愛してるって言ってくれていた。

t01200130_0120013011423200545.png


I LOVE YOU

下記画像クリックで応援よろしくお願いします。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



お知らせ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

うさぎ

Author:うさぎ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

カテゴリ

はじめに&パスワードについて (2)
★★離れていても★★≪完≫ (111)
桜子の小包 ≪完≫ (1)
類からのメール≪完≫ (1)
総二郎からのメール≪完≫ (1)
月明かりの下で≪完≫ (4)
隣に立てば婚約者≪完≫ (1)
うさぎ × うさぎ≪完≫ (25)
再会とラオウ≪完≫ (4)
イブの日は・・・≪完≫ (7)
彼氏の姉はハリケーン  ミラノでハリケーン≪完≫ (3)
彼氏の姉はハリケーン  ハリケーン日本上陸≪完≫ (5)
約束の20歳の誕生日≪完≫ (4)
タイムリミットは19時間≪完≫ (4)
彼氏の姉はハリケーン  成人式でハリケーン≪完≫ (1)
女王蜂と働き蜂 始まりは・・・≪完≫ (6)
女王蜂と働き蜂 働き蜂の悩み≪完≫ (2)
あれから 3年 ≪完≫ (7)
女王蜂と働き蜂 ミシュランよりも厳しい査察≪完≫ (2)
女王蜂と働き蜂 1通の手紙≪完≫ (5)
F4それぞれの卒業式 司編 ≪完≫ (8)
悲しみの雨・温もりの雪 SS (1)
女王蜂と働き蜂 幸運の女神≪完≫ (12)
女王蜂と働き蜂 パーティーは別人≪完≫ (1)
密かな憧れ SS (1)
F4 それぞれの卒業式 花沢類≪完≫ (3)
F4 それぞれの卒業式 美作あきら 西門総二郎≪完≫ (2)
★★主が戻った邸★★ (80)
帰国≪完≫ (10)
倉田の結婚式≪完≫ (2)
可愛い彼氏 SS (1)
愛してる SS (1)
総二郎の失態≪完≫ (5)
俺の周りの変な奴 SS (1)
花言葉≪完≫ (4)
ほっとけない友人 SS (1)
二人の夢が叶うとき≪完≫ (3)
秘書牧野つくし≪完≫ (3)
想いを込めて≪完≫ (1)
嫉妬の代償≪完≫ (10)
類の23歳の誕生日≪完≫ (1)
新人歓迎会にご注意を≪完≫ (5)
ママとお母様≪完≫ (2)
Happiness (30)
狙われた道明寺夫人 (0)
喜びの朝 (0)
つくしの誕生日 (0)
道明寺100周年 (0)
黒瞳の天使 (0)
雨の記憶と雨の記憶 (0)
★★家族★★ (47)
父になる。母になる。≪完≫ (4)
父親は俺一人で十分だ≪完≫ (4)
女帝 道明寺国 (0)
ありんこ連合 (0)
もう一人の姉 (0)
やっと戻った邸 (0)
小さい手 SS (1)
初めての・・・ (0)
幸せの瞬間 (0)
サンタクロースは… (0)
誕生日プレゼントは… (0)
うさぎの真実 (0)
姉と弟、義兄と弟 (4)
何人分? (0)
続 小さい手 ~翼~≪完≫ (3)
娘 ~環~≪完≫ (7)
微笑み SS ~健~ (1)
続 微笑み ~健~ ≪完≫ (5)
言葉より大切なこと ~匡~ ≪完≫ (8)
俺の一番大事な奴≪完≫ (8)
本編とは無関係作品 (72)
俺様サンタ SS ≪完≫ (1)
企画:読者様と作る花男二次 ≪完≫ (20)
君の笑顔に・・・ (4)
妻が微笑むまで・・・ 長編 (43)
続 妻が微笑むまで・・・ (4)
世界で一番愛してる SS (0)
宣言通り SS (0)
××× (0)
コラボ (11)
「星降る夜に奇跡をひとつ」 ≪完≫ (5)
時を超えて ≪完≫ (4)
SHORT STORY (23)
お蔵入り作品 (5)
不定期連載中 (7)
もう一度・・・ (6)
未分類 (4)

参加同盟&花男二次リンク


参加同盟


委員長様

みやとも様

ririko様

向日葵様

こ茶子様

ひー様

丸々猫様

みずた あると様

ブランシュ様

レイン棒クラブ 様
833011_1423818255.jpg
ランキング参加中
1120120602_bbf947.jpg
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ

リンク

このブログをリンクに追加する